蒼い猫のプログラミング奮闘記

中央大学で法律を学ぶあの蒼い猫がお送りします。鋭意準備中。

転職のススメ

こんばんは!

こちらのブログではお久しぶりとなってしまいました。

 

さてさて、引き続きProgateプログラミング勉強中です!

 

そしてそして、最近ようやくRubyの学習を終わらせ、

Ruby on Railsの学習に突入しております。

 

Rubyもそうでしたが、

Ruby on Railsはさらに難しいですね…。

 

文系人間は慣れるまでに時間がかかりそうです…。

 

 

ところで、最近は仕事が遅くまで終わらないため、

なかなか学習の時間を確保することができておりません。

 

と言いますのも、僕はプログラミングの勉強のほかに

中央大学法学部で法律を学んでいるわけでして、

時間の確保がヒジョーに困難を極めるのです。

 

 <関連ブログ>

 

法律勉強してるとか、まさに文系のキワミですよね。

でも、高校時代は数学とか化学は得意だったので、

案外理系としてのセンスはあるんじゃないかと勝手に思ってます(笑)

 

 

正社員として仕事をこなすかたわら、

プログラミングの勉強法律の勉強

していたら、人間どうなってしまうのか・・・。

 

 

 

(゜∀。)

 

 

 

もうこんなんになってしまうわけですよ。

時間なんかいくらあったって足りゃしない。

 

 

そこで!!

 

プログラミングを本気で学び、

仕事にしてしまえばよいのではないか??

 

という一つの仮説にたどり着きました。

 

 

これはおもしろそうだぞー。

 

プログラミングを学んで転職を目指すというのは

非常にトレンディですね。

 

そしてその中でも、法律の知識があるプログラマーというのは

希少価値は非常に高いと(勝手に)思っております。

 

これからの時代、

希少価値の高い人材になっていかないと、

つまり人材としての価値を高めていかないと

生き残れません。

企業にコキ使われて捨てられるなんて

嫌ですからね。

 

現在自分の中であれこれ考えている最中ですので、

中央大学の方の勉強が一段落したら、と考えとります)

 

近々 “蒼猫プロジェクト” 始動します!

 

乞うご期待!

 

そして、プログラミングを学んでいる方々、

ともに頑張ってまいりましょう!!

 

頑張っている方を見ると励みになります。

よっしゃ、いっちょやってやるぞ!

 

 

それでは、また!!