蒼い猫のプログラミング奮闘記

中央大学で法律を学ぶあの蒼い猫がお送りします。鋭意準備中。

ド素人でもプログラミングを学ぶ理由3選

そもそも、ワタシのようなド素人が、

なぜプログラミングを学ぶのか?

 

ココをはっきりさせておかなければ、

プログラミング学習は続きません!

 

というわけで、ハッキリさせておきましょう!

 

理由その1~技術を身につける

今の時代、大企業に入社さえすれば一生安泰!というわけではありません

そんな時代はとうの昔に過ぎ去り、

自ら考え、行動し続けていかなければ生き残れないのです。

(これはワタシの考えですが、共感してくださる人はきっと多いと思います)

 

他方、ワタシも現在とある企業の一従業員として働いていますが、

そこで得られる技術など汎用性もなく大したものではありません。

 

そして、世の中に目を向ければ、空前の情報化社会。

こんな時代に生き残るには、

プログラミングの知識は必要不可欠なのではないか。

そう思いました。

(もちろんこれだけやってりゃーイイって話じゃない)

 

技術があれば、どこでも食っていける。

嫌な会社に無理してしがみつくことなんかないんです。

 

 

理由その2~稼ぎたい!

ハイきましたー。言っちゃいましたー。

でも、確かに平均年収は高いですから他業種から見たら魅力ですよね。

求人などを見ていてもわかります。

 

もちろん、納期に間に合わせなければいけないとか、

残業が多いとか、そういう話も聞きますけれども、

 

そんなんどんな仕事も一緒ですから!

 

それに、どんな仕事も勉強したりだとか仕事覚えたりだとか、

何かしらの努力はし続けなければいけないわけです。

 

みんな一緒ですね。

 

 

理由その3~多様な生き方の選択肢

これはかなり魅力的ですね!

起業とかフリーランスとか、

もちろん普通にサラリーマンとして働くこともできるわけだし。

 

起業やフリーランスなんかは、当然優れた技術をお持ちの方でなければ

難しいのかもしれないですけど。

しかし、他の業種などから比べれば、起業・フリーランスには

比較的向いているという話を聞いたことがあります。

 

重要なのはなりやすいかなりにくいかということではなくて、

そうした選択肢があるのかないのか、だと思います。

 

一般的なサラリーマンなんぞは会社の指示に従うしかありませんから、

会社に自分の生き方を合わせるしかありません。

もちろん、それに反抗して自分の生き方を貫こうとすれば、

それは、すなわち クビ を意味します。

 

そんな生き方、誰が魅力を感じるんですか?

なんで会社に自分の生き方を合わせなければいけないんですか?

 

いちサラリーマンでは、その疑問の答えを見つけることができません。

 

つまり、いろいろな選択肢がある中で選んだのだとすれば、

たとえサラリーマンだろうが、フリーランサーだろうが、

その状況を受け入れられるわけです。

 

それは、他の業種にはない魅力と言えるんじゃないでしょうか。

 

まとめ~結局好きなのかも

とまぁ、もっともらしく理由を書き連ねてきました。

書いてて思ったんですが、ココに書いたそれぞれの理由、その根幹には

「実は俺ってこーいうの向いてんじゃない??」

って言うのがあるんじゃないかと思います。

 

適性とか相性とでも言ったほうがわかりやすいでしょうか。

 

直観的に、そんな気がするんですよね。

 

今の仕事より、向いている気がする。

そんな気がしてならないんです。

 

ま、それが本当かどうかは、

これから勉強し続けていけばわかるんでしょうけど。

 

 

やりたいと思ったことはやる。

やりたくないと思ったことはやらない。

 

それでイイと思います。

こんな感じで、これからも頑張りましょ~。

それでは!